雑談 4 / 梅の花

部屋から見える梅がとても綺麗に咲いているので、
作業に疲れた時は、息抜きにぼーっと眺めるのが日課になっています。

桜が咲いたら花見はするけど、
梅の花に人が集ることはあまりないんですよね。
宴会をするには寒いからだと思いますが。

私は人混みが得意ではないので、
そういう意味で桜より梅の方が好きです。

「梅はこぼれる」
「桜は散る」
「菊は舞う」
「椿は落ちる」
「朝顔はしぼむ」

咲いている最中からこんな話をするのもあれですが、

花によって去り際の表現が異なるのも
日本語特有の繊細で美しい表現力だなと感じます。

梅はこぼれる

徐々に去っていく表現がいいですね。

それから、Twitterの方には載せたのですが、
昨日夕飯を食べる時に見えた夕日がとても綺麗でした。

ちょっと前までは、夕飯を食べる頃はもう外は真っ暗だったので、
本当に日が伸びてるな…と日に日に実感します。

まだもう少し、冷える日はあるようですが、
早朝の冷えも和らいで過ごしやすくなってきたなと思います。

ズームして撮ってみた梅の花です。
オレンジ色のグラデーションがCGみたいでお気に入りです。
梅も可愛いだけじゃないんですね。

どんなに綺麗な景色も生で見られるのはその瞬間だけです。
生きるとは尊い。

おまけ

普段と違う道を歩いていたらとても鮮やかな梅と出会いました。

沖縄で見たブーゲンビレアを彷彿とさせる鮮やかな色彩に
しばらく立ち止まって魅入ってしまいました。

残念ながらデジカメを持っていなかったのでスマホの写真ですが、
また近いうちに足を運んで写真におさめたいです。

おすすめ記事