料理日記 25 / タマリンドポークアドボ

エスニック & タマリンド祭り
11月のテーマだったはずが、
気付いたら12月になっていたんですがこれ如何に。

…なってしまったものは仕方が無いので
構わず祭り繰り広げます。(何)

ただ、12月にはクリスマスがあるので
洋風なスパイスや料理も並行してご紹介できれば…
と思っています。(※私のキャパ次第)

本日ご紹介するのは「タマリンドポークアドボ」です。

お酢 & その他調味料でマリネするフィリピン料理ですが
今回はマリネ液にタマリンドを加えてアレンジしました。

…と、レシピの前にフィリピン料理について小話を

アドボとは

アドボ (Adobo) はフィリピンの料理で、
スペイン語でマリネ、ドレッシングを意味する
「アドバ-」が由来とされています。

マリネ液によく使用される調味料としては
・酢
・醤油
・にんにく
・ローリエ

が挙げられます。

使用するお肉や調味料に決まりは無いですが、
お肉の種類でいうと、豚肉の使用率が高い印象です。(その次に鶏肉)

お酢を使ったフィリピン料理

アドボをはじめ、フィリピンでは酢を使用した料理が豊富にあります。
かなり簡易的ですが、以下に代表的なものを4つご紹介。

・アドボ (Adobo)
酢、にんにく、塩、醤油、その他スパイスでマリネした肉のシチュー

・キニロー (Kinilaw)
酢とスパイスの魚介料理
セビーチェに近い

・パクシウ (Paksiw)
酢とスパイスの魚介スープ

・サンクツァ (Sangkutsa)
お肉や魚をお酢で煮込む料理 (おそらく魚が主流)


私のリサーチが甘くて、パクシウとサンクツァの違いを
ちゃんと把握できていませんが、個人的にはサンクツァが
とても気になっております。

…と、ざくっと概要をお話したところで、
参考までにレシピをば。

例によって私は低温調理で作りましたが、
通常版のレシピも併せて掲載します。

材料・作り方

玉ねぎの写真撮り損なった…;;

【食材】
豚バラブロック…200g
玉ねぎ…1/2個 (スライス)

【マリネ液】
にんにく…1片 (スライス)
しょうが…1かけ (千切り)
ローリエ…1枚
粒こしょう…5粒
タマリンド…大さじ1
醤油…大さじ1
酢…大さじ1
はちみつ…大さじ1
こしょう…お好み
水…100ml

低温調理する場合、マリネしたお肉を加熱すると
柔らかくなり過ぎてしまう(ホロッホロになる)ので、

・通常加熱の場合はマリネ有り
・低温調理の場合はマリネ液に入れてそのまま加熱

すると美味しく食べられます。

【作り方 / 低温調理】
①マリネ液と豚肉をジップロックへ入れ60度1時間以上低温調理する





②低温調理が終わったら、油を引いて熱したフライパンで玉ねぎを炒める



③玉ねぎが茶色く色付いたらマリネ液を投入し、煮詰める





④タレがある程度煮詰まったら火を止めて粗熱を取り、肉と絡めて完成

【作り方 / 通常調理】 ※画像はありません。ご容赦を。
①マリネ液と豚肉をジップロックへ入れ、冷蔵庫に入れて30分マリネする


②油を引いて熱したフライパンで、マリネした豚肉を焼く
③表面に焦げ色がついたら一度取り出し、同じフライパンで玉ねぎを炒める
④玉ねぎが茶色く色付いたらマリネ液と豚肉を投入して煮詰める
⑤タレがある程度煮詰まったら完成

さっぱりしてるのに米に合うこってり感と満足感。
罪深い…。

いかがでしたか

マリネのおかげでお肉はしっとり柔らかく仕上がります。

タマリンドを入れることでお酢の酸味に丸みと甘みが加わり、
ガッツリお肉料理でありながら、さっぱりと食べられます。

酸っぱすぎず、甘すぎずな仕上がりは、
タマリンドならではの表現です。

ご飯との相性も抜群な、絶品フィリピン料理
是非お試し下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ぽちっと応援していただけると大変励みになります!



おすすめ記事

1件のコメント

  1. […] 料理日記 25 / タマリンドポークアドボ 料理日記 22 / タマリンドチキン 料理日記 21 / ベトナム風タマリンドチキン (Gà Sốt Me) 料理日記 20 / タマリンドデーツボール […]

コメントは受け付けていません。