料理日記 / 人生初燻製 -燻製〜実食編-

前回、下準備編をお送りしましたので、今日は燻製〜実食編です。



下準備編はコチラ↓

今回活躍するのはこちら。
通販で購入したスモークキュートという燻製器具です。
(当記事の一番下に商品リンクあります。)

もくもくした 煙?のキャラクターが可愛い。

会社で親しくしている方から「黒澤さんこれ好きそう」
と教えていただきました。
いや、もう、まさにジャンル・デザイン共にどストライクで、
見事に新しい扉が開けました。うまく言葉にできないんですけど、
とにかく本当にとてもありがとうございます。(語彙ぃっ…!)

中身はこんな感じ。
さくらのチップとレシピが付属しています。有り難い。

カラーバリエーションも豊富で、グリーンやブラックとも迷ったのですが、
使っていくうちに塗装が剥げてしまいそうだったので、結果ステンレスに。
この選択は間違っていなかったと思います。とても綺麗。

さて、本題の燻製について。
燻製は温度によって、熱燻、温燻、冷燻の3種類あるそうですが、
うちのコンロは安全装置がついており(というより義務化されている)、
繊細な温度管理はできないということと、
何よりも、お腹が空いて長時間待てる気がしなかったので
最もお手軽な熱燻に挑戦しました。
きっとこれが一番ビギナー向け…なんだと思う。

燻製の準備と手順

下準備した食材。鶏ハム、サーモン、味玉です。
この他に、カマンベールチーズとナッツも燻製しました。

【用意したもの】
・下準備をした食材たち
・スモークチップ (さくら)
・燻製用の器具
・アルミホイル

【作業工程】
①スモークキュートにアルミホイルを装着
 (説明書に「燻製後の片付けが楽になるよ」と記載がありました。
 そのとおりだった。)

②付属の小皿にさくらのチップを入れる
 完全にフィーリングでしたが、今回は大さじ1弱 使用しました。

③網をセットし、食材を乗せる


④いよいよコンロのスイッチオン
 チップから煙が出てくるまで中火で熱します

⑤煙が出始めたら弱火にし、蓋をして5分程度放置

⑥5分経ったら火を止めて更に10分放置


いざオープン

ふぁーー綺麗に色付いています…
香りまでお届けできないのが悔やまれますが、
初燻製でもそれっぽくなって感動しました。

カウンター越しに話していた相方も、
キッチンへ飛んできて香りを嗅いで感激してました。
気持ち分かる。


ちなみに、カマンベールチーズはとろっとろに溶けるので
ホールタイプでやることをおすすめします。
(近所のスーパーにカット済のやつしかなかった。笑)

実食

最終的な献立はこんな感じ。

・炊き込み御飯 (卵の漬け汁使用)
・蒸しかぼちゃ
・さつまいも
・わかめとひじきの煮物

・スモークサーモン
・燻製カマンベールチーズ
・燻製鶏ハム
・燻製卵
・燻製ナッツ (アーモンド/くるみ)

語彙不足で上手く言えないんですがとにかく食材が甘い
ただ、香りで食べているだけなので、お砂糖のように
ダイレクトに感じる甘さとは異なります。
もちろん食材の味も死んでないです。

燻製盛り合わせのアップ



1番を決めるのが難しいぐらいどれも美味しかったですが、
相方と話し合った結果 (なぜ)、卵がベストやという話で纏まりました。
(私はカマンベールチーズか卵で迷った)

後日、さつまいも、かぼちゃ、アボカドをやってみましたが、
これらもめっちゃくちゃ美味しかったです。
秋の味覚最強では。

余談


燻製と言えば食材を燻す調理法なわけですが、
世の中には燻液と呼ばれるものが存在します。

木材を燃焼する際に発生するガス成分を冷却して採取する液体で、
これを使えば、食材を燻さずして燻製風味が楽しめるとか。
つまり、アイスや葉物野菜のように、燻製不可能な食材まで
香りを付与する事が可能になる訳です。

しかも、食材を直接燻すより安全性も遥かに高いです。

…と、私の愛読書「Cooking for Geeks」に書いてありました。
アイスに燻液を混ぜたア「サモア・アイスクリーム (多分造語)」の
レシピが載っていましたが、 とても気になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ぽちっと応援していただけると大変励みになります!



今回登場した調理器具・書籍

・キッチンスモークキュート / ホンマ製作所


燻製について調べていると「室内でやると煙がすごいから注意してね!」
という内容の注意事項を多々みかけましたが、
煙は殆ど漏れてこなかったです。(もちろん蓋をした状態で)

フライパンや鍋で燻製したことがないので比較はできませんが、
煙が少ない点は専用器具の利点かもしれません。

・Cooking for Geeks / Jeff Potter

おすすめ記事