料理日記 106 / かき菜と卵の混ぜごはん

連日吹いていた強風もようやっと落ち着き、
心なしか聞こえてくる鳥たちの声も元気になった気がします。

定期的に彼と一緒に鳥や花を見に散歩に出掛けていますが、
最近は気になる鳥の鳴き声を動画で調べたり、
撮影した鳥をネットで調べながら勉強しています。

その甲斐あってか、日に日に分かる鳥が増えてきて
散歩がますます楽しくなりました。
料理も言語もそうですが、生物も奥が深いです。

暖かくなるにつれて、木に止まる鳥も変わると思うので
これからどんな鳥たちと出会えるのか楽しみです。

ということで、本日は春らしい菜の花カラーの混ぜご飯
「かき菜と卵の混ぜごはん」
のご紹介です。

菜の花カラーと言っておきながら菜の花ちゃうんかい
という流れですが、かき菜も同じくアブラナ科なので誤差です。

かき菜はいつうも汁物に入れたり、茹でて食べたりと、
副菜として使うことが多いので、今回は主食に使ってみました。

私の体感では、かき菜の風味は菜の花に似ているものの
茎の食感が繊維質でしっかりしている気がします。

ご飯に混ぜてもシャキシャキした食感が活きるので
混ぜご飯向きの野菜だと思います。

かき菜と炊き込みご飯を別で調理する必要がありますが、
工程自体はシンプルです。

それでは参考までにレシピをば。

材料・作り方

かき菜と卵の混ぜごはん
Print Recipe
分量 下準備
1 合分 30
分量 下準備
1 合分 30
かき菜と卵の混ぜごはん
Print Recipe
分量 下準備
1 合分 30
分量 下準備
1 合分 30
材料
ごはん
仕上げ用
混ぜご飯の素
分量: 合分
作り方
混ぜご飯の素
  1. かき菜を沸騰させたお湯で30秒ほど茹でて冷水にとる。(食感が残るよう茹で時間は短めがおすすめです)
  2. しっかり水気を絞り1cm程度に刻んで塩をまぶしておく。
  1. 炊飯器にごはんの材料を全て入れ、1合分に合わせて水もしくは出汁を入れて炊飯。(早炊きでも可)
  2. ごはんが炊き上がったら溶き卵を流し入れ、再度蓋をして3分ほど放置する
  3. 卵が固まったらご飯をかき混ぜる
  4. 仕上げに塩もみしたかき菜を入れて混ぜ合わせたら完成

いかがでしたか

卵は別で炒める必要がなく、
炊飯器に注いで混ぜるだけで簡単に見た目が整います。

かき菜はあまり火が通ると色が鈍くなってしまうので、
できるだけ食べる直前で混ぜる方がおすすめです。

かき菜にしっかり塩味を効かせるので
炊き込みご飯に塩味のある調味料は使いませんでしたが、
味を見て薄いようであれば塩を足して調整してください。

鮮やかな菜の花カラーが映えるかき菜の混ぜご飯、
是非お試しください。

おまけ この日の献立

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ぽちっと応援していただけると大変励みになります!



おすすめ記事