おうちで世界旅行 / 13日目 ハイチ グリオ (Grio)

13日目 ハイチ グリオ (Grio)

…とは言っていますが、これは完全にグリオ”風”です。
本来はマリネした豚肉を油で揚げるお料理なのですが、
カロリーにビビった私はマリネしたあと
低温調理&バーナーで炙っていただきました。

“オレンジジュースでマリネする”という部分にとても惹かれたので
調理法は違えど、どうしても食べてみたかったのです。


…ということで、低温調理バージョンになりますが
グリオ風料理の作り方をば。

材料・作り方

【食材】
豚肩ロース… 200g
玉ねぎ…飾り用 (輪切り)

【マリネ液】
玉ねぎ…1/8個 (みじん切り)
ニンニク…1片 (みじん切り)
オレンジジュース…50cc
レモン汁…30cc
パセリ…大さじ1
タイム…大さじ1
赤唐辛子…1本

塩…全体の0.9%g
(煮詰めたマリネ液+豚肉の重量)×0.009 g

【作り方】
① 豚肉を1口大にカットしマリネ液に1晩漬け込む

② 漬け終えたら、マリネ液をフライパンに取り出し水分が無くなるまで煮詰める

③ ジップロックに豚肉と煮詰めたマリネ液、全体重量の0.9%の塩を入れ60度で1時間以上低温調理

④ 低温調理が終わった豚肉をバーナーで炙り、焼き色をつけて完成

ハイチスタイルのグリオを楽しみたい場合は①の豚肉を、
黄金色になるまでフライしてください。

いやぁ……絶対美味しいやろ…
カロリー恐くてできんけど。

タイムとオレンジの香りの相性が抜群に良くて、
味はもちろん、鼻から抜ける爽やかな香りが素晴らしいです。
しばらく余韻に浸れます。

グリオについて

グリオは豚肩肉で作られるのが主流です。
柑橘の果汁でマリネした後、黄金色になるまでフライします。
パーティーなどのお祝いの際に一般的に食べられている、
ハイチの国民的な料理です。

食べる際は、ピクルスやバンナン・ペゼ(輪切りしたプランテンを揚げたもの)
も併せてもてなされるそうです。
※プランテン = 調理用バナナ (加熱調理が必要。)

ハイチ料理について

調べていて興味深かったのが、
“食材は柑橘果汁で洗ってから使用する” ということです。

ハイチには食品安全規制が無く、きれいな水の供給が不十分なため
水の代わりとして柑橘果汁の酸で洗浄し、マリネするそうです。
使用する果汁はライムかオレンジが主流です。

(私が見たハイチの料理動画で「Acid acid acid〜♪」と楽しそうに
オレンジジュースを注いでいたシーンがとてもキュートで印象的でした。)

蛇口をひねれば飲める水が出てくる日本の環境は
決して当たり前ではないんだと改めて考えさせられます。

マリネ液は柑橘果汁に、ハーブやスパイスを加えて漬け込みます。
私が見た印象では、とにかくタイムの出現頻度が高かったです。

その他によく使用される食材としては、
・オールスパイス
・パセリ
・コリアンダー
・ネギ

を使用するレシピも多く見受けられました。
ネギやコリアンダーはアジアなイメージがあったので個人的に面白い発見でした。

いかがでしたか?

美味しいオレンジが手に入ったら、
是非オレンジ×タイムのマリネ液をお試し下さい。

お肉だけでなくお魚との相性も抜群で汎用性も高いです。
味もきっと、癖になります。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ぽちっと応援していただけると大変励みになります!



参考URL

https://e-food.jp/recipe/america/griot/
https://tasty.co/recipe/haitian-griot-and-pikliz
https://www.eater.com/a/mofad-city-guides/miami-haitian-food
https://timothyschwartzhaiti.com/wp-content/uploads/2016/03/Food_Consumption_Patterns_Part_1.pdf

**********

…当企画について。
日本から出たこと無い人間が自宅で世界の料理を作って
旅行気分を味わおう!と始めた1人企画。

私は基本的にお肉は低温調理しているので、
本来揚げたり焼いたりする料理も低温調理でアレンジします。
味の再現はできる範囲でやっていますので、レシピを見て
入手が面倒そうなスパイスや食材は省くか、代わりになるものを使用します。

あくまで”○○風”ですので「その調理法だと定義から外れてる!」的なのは
目を瞑っていただけると幸いです。
(海外旅行の経験は1度もないので、本場の味も何もないのです…)

ただ、本場で使われるスパイスやハーブ、調味料、食材の情報は
とても興味がありますので、教えていただけると喜びます。

おすすめ記事

2件のコメント

コメントは受け付けていません。