おうちで世界旅行 / 14日目 ギリシャ ザジキ (τζατζίκι)

14日目 ギリシャ ザジキ (τζατζίκι / tzatziki)

水切りヨーグルトとキュウリのディップソースです。
ニンニク、塩、コショウ、ハーブ(ディル、ミント、パセリetc.)、
オリーブオイル、レモン汁などを加えて作ります。

ブルガリアのタラトルと使用材料同じやん、と思いながら
仕込んでいたのですが、食べてみると全く味わいが異なりました。
ヨーグルトの粘度が変わるだけで、汁物からディップソースへと
様変わりするのか…と、ヨーグルトの汎用性の高さを再認識しました。

腸内環境が整うディップソースとか、最高では。


タラトルについてはこちら

作り方・材料

【材料】(分量は控えていません…)
・水切りヨーグルト
・きゅうり (千切り)
・にんにく (みじん切り)
・ディル
・塩
・コショウ
・オリーブオイル

【作り方】
①きゅうりに塩を振り、水分を絞る
②材料を全て混ぜ合わせる


肉のグリルやギロピタ(ギリシャの肉料理)に添えられることが多いそうですが、
野菜につけてもよし、卵につけても良しです。
とにかく何にでも合います。

特に卵、じゃがいもとの相性がよかったので、
材料をお洒落にカットしてザジキを乗せれば
オードブルの1品として映えます。

いかがでしたか?

ヨーグルトの水を切る時間は必要になりますが、
材料はシンプルな上に、調整すればオイルも控えめにできるので
マヨネーズ盛り盛りは抵抗あるけどこってりしたサラダが食べたい!
という時の救世主になりそうです。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ぽちっと応援していただけると大変励みになります!



参考URL

https://www.meiji.co.jp/meiji-shokuiku/worldculture/recipe/greece2/
https://cookieandkate.com/how-to-make-tzatziki/
https://youtu.be/YVlIExa-xek

**********

…当企画について。
日本から出たこと無い人間が自宅で世界の料理を作って
旅行気分を味わおう!と始めた1人企画。

私は基本的にお肉は低温調理しているので、
本来揚げたり焼いたりする料理も低温調理でアレンジします。
味の再現はできる範囲でやっていますので、レシピを見て
入手が面倒そうなスパイスや食材は省くか、代わりになるものを使用します。

あくまで”○○風”ですので「その調理法だと定義から外れてる!」的なのは
目を瞑っていただけると幸いです。
(海外旅行の経験は1度もないので、本場の味も何もないのです…)

ただ、本場で使われるスパイスやハーブ、調味料、食材の情報は
とても興味がありますので、教えていただけると喜びます。

おすすめ記事