おうちで世界旅行 / 6日目 サウジアラビア カブサ (كبسة‎)

6日目 サウジアラビア カブサ (كبسة / Kabsa‎)

本来は、長粒米を鍋で炊き上げる料理ですが、
そこは横着して炊飯器で炊きました。
蓋を開けた瞬間の第一印象は「うわ!!オイゲノール!!!」でした。
(※伝われ)
クローブの香りが凄まじかったです。

スパイスたくさん…にプラスして、レモンの皮を少しだけ刻んで
入れているのですが、これは絶対にあった方が良いです。
使う量少しだけだし、面倒なんで省こうかな〜とも思ったんですが、
食べるとしっかり爽やかな柑橘の存在感を放っています。

今回の味付けでは、シナモンスティックやクローブで
甘い香り付けをして仕上げにドライフルーツやナッツをトッピングする
…というものでしたが、他でも、中東料理で
米×シナモン×ナッツの組み合わせを見かけました。

中東では米を甘い香りと共に食べる文化があるのかなと思いました。
肉の旨味、スパイスの甘い芳香にナッツの香ばしさ味の調整に加える
塩気のバランスがめちゃくちゃ癖になります。 

中東料理をさらに開拓して、普段の食事にもっとスパイス料理を
取り入れたいな…と思う次第です。

…と、参考になるか分かりませんが…
なんちゃってカブサの作り方を以下にメモ。
低温調理&炊飯器を利用してアレンジしています。

材料・作り方

【材料】
米…1合
鶏もも肉…100g 

★A
玉ねぎ…1/2個 (みじん切り)
にんにく…2片 (みじん切り)
しょうが…1かけ (みじん切り)
レモンの皮…1/8個分
オリーブオイル…大さじ1

★B
トマトジュース…100cc
シナモンスティック…1本
クローブ…5粒
黒こしょう…10粒
クミンシード…小さじ1/2
ターメリックパウダー…小さじ1/2
カルダモンパウダー…小さじ1/2

●トッピング用
ナッツ…種類、量お好みで (今回はくるみとアーモンドを使用)
ドライフルーツ…種類、量お好みで (今回はプルーンを使用)

下準備
・鶏肉を1口大に切って軽く塩をまぶし、60℃で1時間以上低温調理しておく
・米は水に30分程度浸水させておく

【作り方】
①オリーブオイルを熱したフライパンにAを炒める

②玉ねぎが色付き香りが立って来たらBを投入し、全体が馴染むまで煮詰める

③予め浸水させておいた米と②、低温調理で出た鶏の肉汁を炊飯器に投入し、
 炊き込みご飯の設定に合わせて水を入れて炊飯

④炊きあがったらざっくり全体をかき混ぜ、水分が落ち着くまで待つ

⑤待っている間に低温調理した鶏肉の皮面をバーナーで炙り、軽く焼き色をつける
 (バーナーがなければ省いても可ですが、炙った方が圧倒的に美味しいです)

⑥お皿にご飯を盛りつけ、炙った鶏肉とナッツ、ドライフルーツをトッピングして完成


余談・雑談

この料理について、本来は

●肉から出汁を取ったスープで米を炊く
●出汁を取った肉はオーブンで焼き色をつけて最後にトッピングする
●ナッツとドライフルーツのトッピングはフライパンで揚げ焼きにする

というものだと思うのですが、
肉は低温調理したい & 脂質の多いナッツを高温で加熱処理することに
抵抗があった… ということで、

○鶏肉は低温調理 & バーナーで炙って焼く
○ナッツとドライフルーツはそのままトッピングする

…と、かなりアレンジを加えてます。
現地の味を再現!とはほど遠いとは思いますが、
スパイスの香りを贅沢に味わえる美味しい料理でしたので
「アラブ”風”炊き込み御飯」として捉えていただけると幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ぽちっと応援していただけると大変励みになります!



参考URL

https://youtu.be/HX9_nwam0rg
https://youtu.be/z9r1vp4FiVw

**********

…当企画について。
日本から出たこと無い人間が自宅で世界の料理を作って
旅行気分を味わおう!と始めた1人企画。

私は基本的にお肉は低温調理しているので、
本来揚げたり焼いたりする料理も低温調理でアレンジします。
味の再現はできる範囲でやっていますので、レシピを見て
入手が面倒そうなスパイスや食材は省くか、代わりになるものを使用します。

あくまで”○○風”ですので「その調理法だと定義から外れてる!」的なのは
目を瞑っていただけると幸いです。
(海外旅行の経験は1度もないので、本場の味も何もないのです…)

ただ、本場で使われるスパイスやハーブ、調味料、食材の情報は
とても興味がありますので、教えていただけると喜びます。

おすすめ記事