おうちで世界旅行 / 8日目 クロアチア チェヴァブチチ(ćevapčići)

8日目 クロアチア チェヴァプチチ (ćevapčići)

The 肉!The B級グルメ! という感じでしょうか。

ひき肉を棒状にして焼く皮なしソーセージのことで
チャヴァプチチがキョフテやケバブへ発展していったとか。

私が見たレシピでは肉とスパイスのみで成型し、
つなぎや具材は一切なしという潔さ。
その分お肉の旨味と、パプリカパウダーの味をそれぞれ
しっかり感じる事ができて、程よくジャンキー心を満たしてくれる、
食べ応えのある料理でした。

ラム肉を使うのがメジャーなようですが、
少しお値段が張るので合い挽き肉で作っています。
でも確かにこれはラム肉で食べたい。絶対に美味しい。

以下、作り方のメモです。
例によって低温調理でアレンジしています。

材料・作り方

【材料】
合い挽き肉…200g (本当はラム肉があれば理想)
パプリカパウダー…小さじ1
塩…全体量の0.9%
こしょう…お好みで

玉ねぎのみじん切り…飾り用

【作り方】

①材料を全てボウルにいれ、粘りが出て全体がまとまるまで
 スプーンで混ぜ合わせる
 (手で行うと体温で脂が溶け出してしまうため、スプーン推奨です)


② 肉種をラップで巻き、ソーセージ型に成型する


③ 60℃で4時間以上低温調理


④ 皿に盛りつけ、玉ねぎをトッピングして感性


ちなみに、ラップで巻いていてもめちゃくちゃ脂が漏れ出てきます。
ラップを外す際に手がギットギトになるので、
手が汚れるのを避けたい場合は、形は崩れますがラップ無しでも大丈夫です。


参考URL
https://ahp-recipe.jp/sheet.php?recipe=747
http://www.29notoyo.co.jp/w_cevepcici.html

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ぽちっと応援していただけると大変励みになります!



**********

…当企画について。
日本から出たこと無い人間が自宅で世界の料理を作って
旅行気分を味わおう!と始めた1人企画。

私は基本的にお肉は低温調理しているので、
本来揚げたり焼いたりする料理も低温調理でアレンジします。
味の再現はできる範囲でやっていますので、レシピを見て
入手が面倒そうなスパイスや食材は省くか、代わりになるものを使用します。

あくまで”○○風”ですので「その調理法だと定義から外れてる!」的なのは
目を瞑っていただけると幸いです。
(海外旅行の経験は1度もないので、本場の味も何もないのです…)

ただ、本場で使われるスパイスやハーブ、調味料、食材の情報は
とても興味がありますので、教えていただけると喜びます。

おすすめ記事