おうちで世界旅行 / 34日目 ケララ スラヴカリー (സ്രാവ് കറി )

またサメかいという感じなのですが、
好きなのだから仕方がない。(何)

ということで、本日はケララ風のサメカレーを作ったのでメモ。

സ്രാവ് = サメ (sravu)
കറി = カレー (curry)

以前紹介したのゴア風カレーと同様タマリンドを使用するので、
やや酸味があるカレーになりますが、ココナッツパウダーを使用する分、
前回よりも甘さがありマイルドな仕上がりになります。

…と、
レシピ紹介の前に、ケララって何なん?
ということについて少しだけ掘り下げます。

ケーララ州について

ケーララ州はインドのマラバール海岸沿いに位置する州で、
縦に細長い地形をしています。(赤線の部分)

google mapより

使用言語はマラヤーラム語で、インドで認められている公用語の1つです。

文字の形は丸みを帯びていて、
ネパール語やベンガル語、ヒンディー語とは全く違った文字体系です。

ちなみに、マラヤーラム文字の例は下記の感じ

മലയാളലിപി 訳 : マラヤーラム文字
ദക്ഷിണേന്ത്യ 訳 : 南インド
ജപ്പാൻ 訳 : 日本

インベーダーゲームみたいでバリ可愛い。

ケララ州は、紀元前3000年からスパイスの貿易を行っていた
という歴史的背景があることから、
「スパイスの島」として知られているそうです。

ケララ州の料理文化

ケララ料理で主に食される主食は、魚、鶏肉、赤身肉。
そして米の文化もあります。

インドは人口の40%がベジタリアンと言われていますが、
この地域も例に漏れず、
ベジタリアン料理と非ベジタリアン料理が混在しています。

特に使用されるスパイス、調味料としては

・唐辛子
・カレーリーフ
・ココナッツ
・マスタードシード
・ターメリック
・タマリンド
・ヒング(アサフェチダ)

が挙げられます。
どれも、ザ・南インドという感じがしますね。

(マスタードシードやヒングは息をするように登場するし、
タマリンドは、南インドのスープ「ラサム」では欠かせない食材。
カレーもココナッツベースのものが基本です。)

ケララカレーについて私的考察

詳細なことはまだ勉強が足りていませんが、
いくつかレシピを見た感じでは

ゴア風カレーは、
1.使用する魚をマリネ
2.マリネした魚をフライパンで焼く
3.ペーストを投入して煮詰める

…という工程なのに対して、

ケララ風カレーは
1.カレーペーストを作る
2.ペーストに直接魚を投入して煮込む


という流れで作るスタイルが多かったです。

ケララ風カレーはマリネも、魚を焼く工程もないので、
作り方はとても明快でシンプルですし、
食べたいときにサクッと作ることができます。

…と、長々なりましたが参考までにレシピをば。

この地域のカレーは基本的にココナッツミルクを使用しますが、
今回は省略してココナッツパウダーを使用しました。
また、珍しくトマトも不使用です。

材料・作り方

【具材】
・サメ…200g (食べやすいサイズにカット)
・玉ねぎ…1/2個 (みじん切り)

【テンパリング】
・フェヌグリーク…小さじ1/2
・マスタードシード…小さじ1/2
・にんにく…1片
・しょうが…1かけ

【パウダースパイス】
・ターメリック…小さじ1/4
・カイエンペッパー…小さじ1
(※辛口が苦手な場合はパプリカパウダーでも)
・ココナッツフラワー…大さじ1

【液体系】
・タマリンド…大さじ1
・水…100ml〜 (お好みの加減で)

【仕上げ】
・カレーリーフ…小さじ1ぐらい
・塩…味をみて適量

【作り方】
①フェヌグリーク、マスタードシードをテンパリングする



②マスタードシードがぱちぱち弾け始めたら、にんにく、しょうがを投入して炒める



③香りが立ったら玉ねぎを投入し、茶色く色づくまで炒める



④玉ねぎに火が通ったら、ターメリック、カイエンペッパー、ココナッツフラワーを投入し、全体を馴染ませる





⑤まんべん無く混ざったら、水、タマリンド、カレーリーフを入れて一煮立ちさせる



⑥沸々としてきたら、サメを投入して蓋をし、火が通るまで煮込んで完成

ゴア風のシャークカレーよりも甘口で、
もったりした舌触りが私好みです。

いかがでしたか

タマリンドが入っているため、
口に含んだ瞬間はやや酸味を感じますが、
その後ココナッツの甘味とスパイスの香ばしさが抜けてきます。

サメは全く癖がなく、スパイスとしっかり調和します。

簡単美味しいケララ流スラヴカリー
是非お試し下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ぽちっと応援していただけると大変励みになります!



**********

…当企画について。
日本から出たこと無い人間が自宅で世界の料理を作って
旅行気分を味わおう!と始めた1人企画。

私は基本的にお肉は低温調理しているので、
本来揚げたり焼いたりする料理も低温調理でアレンジします。
味の再現はできる範囲でやっていますので、レシピを見て
入手が面倒そうなスパイスや食材は省くか、代わりになるものを使用します。

あくまで”○○風”ですので「その調理法だと定義から外れてる!」的なのは
目を瞑っていただけると幸いです。
(海外旅行の経験は1度もないので、本場の味も何もないのです…)

ただ、本場で使われるスパイスやハーブ、調味料、食材の情報は
とても興味がありますので、教えていただけると喜びます。

おすすめ記事