日記 12 / ヨコハマハンドメイドマルシェ 無事終了しました

本当はイベントが終わった翌週には更新したかったのですが、
沢山の出来事に思いを巡らせつつ、書いては手を止めて…
を繰り返しているうちに2週間も経過してしまいました。

日頃から脳内の独り言が激しいので、一度文章を打ち始めると
あれもこれもとなって止まらなくなる傾向があります。

そんなわけで、200文字に制限されたTwitterよりも
文字数に制限がないブログの方が伝えたいことを
ガシガシ綴れるので個人的には好きです。

話を要約するのが下手なだけだろ…
と言われたらそれまでなのですが。笑

とはいえ、これだけのボリュームを手書きで
まとめるには大変な労力がかかるので、
手軽に日記をつけられるブログというツールには
とても助けられています。

冒頭からなんのこっちゃですね。

本題に入ります。

11月6日-7日に開催されたヨコハマハンドメイドマルシェ、
2日間無事終了致しました…!

日本最大級のハンドメイドの祭典-ヨコハマハンドメイドマルシェ-

約3年ぶり?4年ぶり?の対面販売ということでかなりドキドキでしたが、
2日とも事故なく楽しんで終えることができました。

ということで、当日のレポート…よりは日記に近いですが、
以下に徒然と書き綴っていきます。

到着

当イベントはみなとみらいにある「パシフィコ横浜」にて開催されました。

私が就職するまでは10年ぐらい?横浜に住んでいましたが、
中華街やみなとみらい、鎌倉のような「ザ・横浜」という場所からは
遠いところにあったので、あまり足を運ぶ機会がありませんでした。
(人混みが苦手だから避けていた…ということもありますが。)

なので、到着した時は観光客のように「おぉ、横浜だ」
と新鮮な気持ちで景色を拝みました。

といいつつ、到着してから撮った景色はこれだけです。笑

絶妙な緩さにハートを掴まれました。

楕円形の目が、程よい脱力感を醸し出している気がします。

えむえむさんってなんだろう?と思いましたが
Minato Mirai の頭文字から取ってるんですね。きっと。

少し調べたら、タオルやクリアファイル、キーホルダーなど
豊富にキャラクターグッズもあるようで。

私はこの手のグッズに感情移入してしまうので
「自分が死んだら処分されてしまうのは申し訳ない…」
と、極力買わないようにしているのですが、
キーホルダーやぬいぐるみはとてもお迎えしたい衝動に駆られます。

グッズを買って応援こそできませんが、
末長く頑張って欲しいです。

話が大分逸れました。

会場に到着すると、このような大型パネルが立てられていました。
これを見るとイベントに来た実感がぐっと湧きます。

看板となるイラストはイベントによってテイストが様々ですが、
この絵は黒澤的にドストライクです。

パンフレットが手元に届いた時、
つい「可愛い」と1人でつぶやいてしまいました。

当日のブース

本当は何もない状態を撮影していれば設営前後の写真を並べられたのですが、
残念ながらそこまで頭が働いていなかったので、
唐突に完成したブースのお披露目です。

設営完了時のブースはこんな感じでした。

今までは構造式を中心に理系モチーフの
グッズを全面的に取り扱っていましたが、
今年からはイラストにも力を入れたいということで、
ブースを二つに割る形で作品を並べました。

これまで「ブースを構造式で埋め尽くして待っています!」
という文言が決まり文句でしたが、
今回は全くテイストの違う作品を同時に並べたので、
什器やポップ、告知のスタイルまでガラリと変わりました。

ポストカードはこんな感じ。

ポストカードをこれだけの枚数販売するのは初めてだったので、
それに合わせて什器も自作しました。

手頃な什器があれば買って済ませるつもりだったのですが、
横型のポストカードを重ねずに飾れて、
軽量かつ折り畳みができるもの…という私のわがままを
叶えてくれるものはパッと見つからなかったので
慣れないながらも作る流れになった次第です。

初期段階では棚の隙間からポストカードが次々に落ちたり、
左右にグラグラ揺れたりと、欠陥しかない仕様でしたが
当日までにはなんとか安全な作りに仕上げられました。

什器の仕組みを語ると余計な文章が増えそうなので
このディスプレイについてはここまでにして。

ポストカードの下にはイラスト集もバッチリ配置しました。

会場で使用したテーブルはレンタルしたもので
奥行き45cmと60cmの選択肢があったのですが
「ブースが狭くなるのは嫌だな…」
と45cmのものを選んだ結果、カツカツで焦りました。

多少自分の居場所が狭くなっても、
奥行きはゆとりがあった方がいいなと思いました。

定規でなんとなく把握するスケール感と、
実際に作品を並べた時に感じるスケール感には
かなり差があるのだと…久々の出展で改めて感じました。

慣れないうちは、家で一度ディスプレイの
シミュレーションはした方がいいですね。
(今回は純粋に時間がなかった)

そして、理系グッズコーナーはこんな感じ。

目を引きそうなものや高さがあるものは上に置いて、
見やすくした…つもりだったのですが、
売り子に話しかけられるのを避けるためか
下側を見てまわる方が多く、
思ったよりもスルー率が高かったです。

そして、薬袋風のレターセットやメモの下には
マステと構造式本を置いていました。

そんなわけで、一番目を引いたのはこの「研究ノート」でした。

売り上げた数自体はマステやメモに比べると少なかったですが、
手に取って見ていただく機会は一番多かったと思います。

「なんだこれ?」と何気なくパラパラめくった瞬間の
「うわ!これすごい!」という反応には
何度も元気付けられました。

構造式、萌えますよね。

イベントを通しての感想など

ヨコハマハンドメイドマルシェへの出展は今回で2回目ですが、
(前回の出展は5、6年前だったかな?)
その間にイベントの知名度が上がったのか、前回よりも
来場者数が多かったように感じました。

特に今回のイベントは、コロナの影響でまだ
外出を控えている方も多いだろう、ということと、
この翌週末にデザインフェスタが開催される影響で
来場者は割れるのかな…と勝手に予想していましたが、
想像以上にたくさんの方々が足を運んでくださり
感動と感謝が止まりませんでした。

前回出展した時のまばらな印象が強かったので、
今回の出展も「沢山来て欲しい!」というよりは、
「一人でも立ち止まって見てくれたら良いな…」という
作家としては弱々しいモチベーションで参加していました。

ところが、

蓋を開けてみると
「お品書き見てきました」という方がいらっしゃったり、
Twitterのフォロワーさんが何人か遊びに来てくださったり、
前職で大変お世話になった方がサプライズで登場したり、
「行けないけど頑張って!」と応援メッセージをいただいたり。

とにかく人の温かさにたくさん触れた2日間になりました。

毎回思うのですが、近いうちに事故に遭わないか心配になります。
あまりに優しさに触れると。

会話は交わさないまでも、
「お品書きを見て来てくださったのかな?」
と思われる方も何人かいらっしゃって、
本当に嬉しかったです。

また、通りすがりにひよこの3兄弟を見て
「きゃーかわいい〜!」
「見て鍋つついてるw」
「芋焼いてますよこれ!」
などなど、沢山のリアクションが生で見られて
心の底から描いてよかったなぁ…と思いました。

SNS上でもこれまでに数え切れないぐらいの温かいメッセージをいただき、
受け取るたびにスクショしてデータに残していますが、
生で新鮮な反応が見られるのはこうした対面の
イベントならではの醍醐味だなと感じました。

メッセージも言葉もどちらも良さがあります。

私はいわゆる自己肯定感というものが非常に乏しいと言いますか、
どれだけやっても「自分はダメだ」と思うばかりで
自分を褒めることができません。

そんなこんなで自分を追い込んで
いつ壊れるか分からないギリギリの精神状態の中、
SNSのいいねやコメント、通販のレビュー、メッセージ、
イベントでかけてくださる温かい言葉やリアクションに
とても背中を押され、支えられています。

本当にありがとうございます。

話がやや重くなって…しまった気がするので、
この日食べた晩ごはんの話に移ります。(強引)

おまけ / 初日終了後の晩ごはん -コメダ珈琲-

1日目終了後は、1日手伝ってくれた母と
帰りの途中駅にあるコメダ珈琲に行きました。

ちょうど出展の1、2週間ほど前に、母から
「今度コメダ珈琲に行ってみたい。
気になるけど量が多いから、1人で食べられる自信がない…」
という旨の連絡を受けていたので、
せっかくだからこの機会に目標達成しようじゃないか!

ということで、イベントは少し早めに切り上げて(おい)
ルンルンとコメダ珈琲へ足を運びました。

私の胃袋は過去の経験上、回転寿司40皿
もしくはピザ33ピース+トマトリゾット
食べられる程度にはキャパがあります。

食べたものは
・ヤサイサラダ
・カツサンド
・たまごたっぷりピザトースト
・ミニシロノワール
・洋梨カスタード

です。

ヤサイサラダは私のオーダー。
その他は全て母が食べたかった品々です。

母には食べたいものを食べられるだけ食べてもらい、
食べきれない分は全部私がいただく…
というスタイルで食事をしました。

少食な母にとっては、おそらくカツサンド1皿も
結構しんどいボリュームだったと思いますが、
2人でシェアしたことで「4つも食べられた♪」と
大変嬉しそうにしておりました。

宇宙の胃袋を持っていて良かったです。
というか、この体質に産んでくれたのは
まさに目の前にいる母ですね。

でもうちの家、おそらく私が一番食べるんですよね…
誰の遺伝なのか。

今後のスケジュール

…と、イベントの振り返りと
美味しい晩ごはんの話が一通り終わったところで、

最後に、今後のスケジュールについてお知らせさせていただきます。

来年は沢山のイベントに参加したい…!
ということで、現在以下に出展予定です。

現時点では東京ビッグサイトのイベントがメインですが、
これから募集開始されるイベントで、
申し込み中のイベントと日程がバッティングしなければ
積極的に申し込んでいきたいと思っています。

また来月、再来月には出展予定にも変動があると思いますので、
その際はまた順次お知らせさせていただきます。

日程イベント名場所
2022/1/23arteVarie76東京ビッグサイト
2022/2/20COMITIA139東京ビッグサイト
2022/3/5TOKYOハンドメイド祭vol.1貿易センター浜松町館
2022/3/21arteVarie78東京ビッグサイト
2022/5/3-4arteVarie80-81東京ビッグサイト
2022/5/29arteVarie82 インテックス大阪
2022/6/26arteVarie83東京ビッグサイト
2022/7/30-31神戸ハンドメイドマルシェ2022神戸国際展示場

対面での販売イベントは上記の通りになりますが、
通販は常時OPENしております。

ひよこの3兄弟グッズ、理系グッズいずれもネットから
購入可能ですので、いつでもお気軽にご利用くださいませ。

ひよこの3兄弟

Chem×Chem

長々なりましたが、イベントが終了して2週間経った今振り返っても、
大変に充実した2日間だったと感じます。

来年、より飛躍できる年になるよう
日々作品作りに励みたいと思います。

時折不安定な面がちらつくかと思いますが、
温かく見守っていただけると幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ではまた。

おすすめ記事