イラスト 17 / ひよこの3兄弟 -夏祭り-

たのしい夏祭り。

「たこ焼き一個ちょうだい」な長男
何かが気になる様子の末っ子
末っ子を気に掛ける次男

いつもは食いしん坊な癖っ毛次男くんですが
こういう時はしっかりお兄ちゃん。

…ほっぺに何かついてるけどね。笑

今回ヤマガラとシジュウカラが初登場です。

先日のクレープ屋さんの時に、初めてひよこちゃん
以外のキャラクターが登場しましたが、
最初は店員さんをひよこにするか
はたまたリスやうさぎなどの
小動物にするかとても悩みました。

色々考えた結果、試しにスズメのラフを描いたら
思った以上に世界観にはまったので
これをきっかけに、他のキャラクターは
鳥たちに活躍してもらう方向に決まりました。

もしかしたら他の動物も登場するかもしれませんが、
その時も是非愛でていただけると幸いです。

ヤマガラとシジュウカラを色付きで
描き起こしたのは初めてですが、
どちらもお気に入りです。

一番心配していたシジュウカラの羽のグラデーションも
初回にしてはそれらしくなったと思います。

他にも登場させたい鳥たちが沢山いるので、
少しずつひよこちゃんたちを取り巻く世界を
広げていきたいな、と思っています。

今回のテーマ夏祭りにちなんで
少し夏祭りの話を。

私が以前住んでいた地域では毎年2日
大きなお祭りが開催されていました。

駅から続く大通りにはどこまで続くの?と思うぐらいびっちりと屋台が出され、
どこからこんなに人が湧いてきたのというぐらい人で溢れかえります。

その人の多さゆえ、駅から徒歩5分もかからない場所にあった自宅までも
20分以上かけなければ辿り着けない事態に。笑

東京都内の有名なお祭りや花火大会なら分かりますが、
地名を言っても何県か伝わらないような辺鄙な場所に
これだけ多くの人が集まるんだ…と毎年感動していました。

偶然、お祭りの日と父が訪ねてくる日がバッティング
したことがあったのですが、その時は
「今日何やねん。異常やぞ!?」
と喜んでいるんだかキレているんだか
よくわからない感情になっていました。笑

結局
「こんなに滅多に見られへんから提灯の写真撮った」
と楽しんだ様子だったので何よりです。

また、別の年ではお祭りの日に合わせて母が遊びにきたこともありました。
その時は、その日出ているほぼ全てのベビーカステラを購入し
食べ比べなどをしました。

なんて贅沢。

何件ぐらいあったか記憶が定かではないですが、
たしか7〜8件分のベビーカステラを食べました。

あぁ…またやりたい。
そしてまた食べたい。

残念ながら今はコロナの影響で、お祭りができたとしても
小規模な上に屋台の数も少ないと思うので、
早く終息して以前のように屋台がずらりと
並んだ景色を見たいなぁと改めて思います。

という話の通り、私が屋台で必ずと言っていいほど
購入するのがベビーカステラです。

大好物です。

何人でお祭りに行こうが、どこのお祭りに行こうが
とにもかくにもベビーカステラ。
次いで広島焼き…でしょうか。

ただ、もっと大好きなのが「ピンス焼き」です。

これは淡路島限定の大変マイナーな屋台フードで
中が生焼けのベビーカステラです。

幼少の頃、焼く前のホットケーキミックスを食べるのが
好きだった私にとってはドストライクな食べ物です。 

発祥が島なのが良くないのか全く普及する気配がないのが悲しいです。

もう一踏ん張りして神戸に到達してくれたら大阪にも広まって、
恵方巻きよろしく関東の文化の一つにならないかな
などとややスケールの大きな妄想を繰り広げています。

あと関西のイカ焼き。
四角いやつ。

なぜ恵方巻きのような、どちらかというと地味な食べ物は
関東まで遥々流行をつれてくるのに、
イカ焼きやピンス焼きのようなB級グルメは
流行しないのでしょう。

不思議。

タピオカなんて台湾だし、
マリトッツォなんてイタリアではないか。
がんばれ淡路島。

と、夏祭りから屋台の話に飛び、
ベビーカステラからピンス焼きの話へ飛ぶ
という謎の展開になりましたが、
心置きなくお祭りが楽しめる世界が戻るといいなぁ
と改めて思ったお話でした。

ではまた。

おすすめ記事