イラスト 12 / 町のクレープ屋さん (クレープの日)

町のクレープ屋さん

お兄ちゃんは1番乗りでいちごのクレープゲット。

お兄ちゃんの後ろにくっついて
ちゃんと買えるかちょっぴりドキドキな末っ子。

お財布しっかり持ってます。大事。

癖っ毛くんは…
スペシャルクレープ食べるのかな?

スイーツが流行り廃りが激しいイメージがありますが、
クレープだけは今も昔も揺るぎない地位を確立している気がします。

これまでにブームになったスイーツで私が知っているものは
・生キャラメル
・パンケーキ
・タピオカ
・ポップコーン
・台湾カステラ
あたりでしょうか。

どれも人気なのかもしれませんが、
一時期よりも火は落ち着いている気がします。

私は流行り物や行列のできる店にはまるで興味が無く、
気づいたら流行ってたという場合が多いので
存在を知った頃にはすでに遅く
「あれ、〇〇流行ってるらしかったけどもう終わったの?」
ということも少なくありません。

何がきっかけで火がついているのか皆目検討がつきませんが、
きっと人気の芸能人が紹介した…とか、
海外のアーティストの好物に上がった…とか、
そんな感じなのかなぁと想像しています。

最近は「マリトッツォ」とやらを目にします。

知ったきっかけはTwitterで「マリトッツォ作ってみた」
という趣旨のツイートを見たことです。

その時はてっきり1個人が “変わった海外の料理を作ってみた”
という内容だと思い込んでいたのですが、
その後も次々に「買ってみた」や「食べてみた」
というコメントを散見したので
「あ、私が初めて知った時にはすでに流行っていたんだな」
と悟りました。笑

流行ってどうやって生まれるんでしょう。
そしてなぜ追い求めたくなるのでしょう。

不思議。

私は流行りか否かよりも自分が食べたいか否かを重視するので
タピオカやポップコーンは、正直並んで食べるほどの
魅力は感じないかなぁという感じでした。

もらったら嬉しいけど、自分では買わないみたいな。

…が、マリトッツォと台湾カステラはめっちゃ食べたいです。
絶対美味しいやろあんなの。

話が飛び散りましたが、冒頭に戻すと
流行が目まぐるしく動く中、幼い頃からスイーツの定番
として定着しているクレープはすごいな…というお話でした。

クレープはめっきり食べなくなりましたが、
どのお店もバリエーションが多すぎてサクッと選べた試しがないです。

本音を言うと全部食べたいんですが
食べたいものを全て詰め込むとカロリーが膨大になるので、
どれを妥協するか…がいつも削れません。

ただ、過去を思い出すと
大学芋、わらび餅、抹茶、黒豆、きなこなどなど
総じて和菓子系が多いです。

実際洋菓子よりも圧倒的和菓子派なので
クレープのチョイスにも反映されているんだと思います。

ちなみに、直近で食べたクレープはサラダバジルチキンです。

甘いもの食べる気満々で立ち寄ったのに
理性が働いてプロテインチャージに走りました。笑

…と、少しだけクレープに触れるつもりが
思いのほか長話になってしまいました。

長くなりましたが、
最後までお読みくださりありがとうございました。

…クレープと和菓子食べたくなってきた。

おすすめ記事