料理日記 173 / 鶏皮ときゅうりの塩レモン和え

いよいよ暑さが本格的になり
冷房をつけるか否か日々せめぎ合っています。

これで熱中症になってぶっ倒れてしまっては元も子もないので、
もちろん耐えられない!となったらつけるのですが
今の時期は暑さそのものよりも、むわっとした湿気の方が
身体にダメージを与えてきている気がします。

冷房をつけると涼しいのはいいんですが、
体は冷えるしだるくなるし、割とデメリットもあるので
少し躊躇ってしまいます。

一応窓には太陽光を反射してくれるというシートを貼っていますが、
これを貼っていなかったらもっと暑いのかと思うとゾッとします。

それかシンプルにシートが機能してないか。
(そうでないと祈りたい。せっかく買ったし貼ったし。)

…と話はそれましたが、そんな茹だるような暑さの中
さっぱりと食べ応えのあるものが食べたい。

ということで本日は
「鶏皮ときゅうりの塩レモン和え」
を作ったのでメモです。

鶏肉冷凍保存する際は、その後の調理のことを考えて
鶏皮は取り除いてしまうのですが、
大切な命ですから捨てるわけにはいきません。

ので、余すことなくいただくべく
いつも鶏皮は別で料理に活用しています。

脂質が多い部位なので、焼いたり揚げたりすると
場合によってはしつこい口当たりになってしまうので、
今回はさっと茹でてレモン汁ときゅうりで和えて
夏仕様らしくさっぱりしてみました。

使用する調味料は3つだけと大変シンプルなので、
味の加減はお好みで調整しながら作ってみてください。

それでは参考までにレシピをば。

材料・作り方

鶏皮ときゅうりの塩レモン和え
Print Recipe
分量 下準備
2 人分 10
調理 所用時間
5 15
分量 下準備
2 人分 10
調理 所用時間
5 15
鶏皮ときゅうりの塩レモン和え
Print Recipe
分量 下準備
2 人分 10
調理 所用時間
5 15
分量 下準備
2 人分 10
調理 所用時間
5 15
材料
分量: 人分
作り方
  1. 鶏皮を茹でて水気を切る (茹で加減、脂の落とし加減はお好みで)
  2. 薄切りしたきゅうりと調味料を加えて和えたら完成

いかがでしたか

脂っぽさが気になる鶏皮ですが、
茹でることで幾分か脂が落ちて
さっぱりと食べやすくなります。

また、鶏皮を茹でた際にできる茹で汁は
捨てずにスープにすることで
食材を無駄なく活用することができます。

顆粒出汁やスパイス、合わせ出汁を加えずとも
具材を入れて塩こしょうで味を整えるだけで
本格的な鶏ガラスープのような味わいになります。
(個人的にわかめとごまのスープおすすめです)

美味しい副菜とスープが同時に作れて一石二鳥です。

こってり重たいイメージの鶏皮ですが、
もつのような柔らかい食感にレモンの酸味と
きゅうりの清涼感が組み合わさることで
ぐっと夏らしい副菜になります。

塩こしょうを多めに効かせればお酒のおともにも
合うと思いますので、鶏皮を取り除いた時は
是非捨てずに活用してみてください。

プリッとした鶏皮に爽やかな風味の
鶏皮ときゅうりの塩レモン和え是非お試しください。

おまけ この日の献立

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ぽちっと応援していただけると大変励みになります!



おすすめ記事