料理日記 59 / 八朔マーマレード (材料2つ・砂糖不使用)

好きな果物は何ですか。と問われると、
まずデーツ、ブルーベリー。

でも、バナナも好きだしパイナップルも捨てがたい。
オレンジも好きだし、キウイもぶどうも好き。
…といった具合になかなか絞れないわけです。
(※暴走する食欲)

しかし、好きな柑橘フルーツは何ですか
と問われたら、
1位 はっさく
2位 グレープフルーツ

です。

幸いなことに八朔は冬、グレープフルーツは夏が旬なので、
スーパーでどちらを買うか迷わないのがいいところ。
甘党ではありますが、果物に含まれる苦味はクセになりますね。

ということで、本日は
「八朔マーマレード」のレシピをご紹介します。

今回の料理は、写真が綺麗に撮れて嬉しいです。
ガラス細工みたい。

先日、温州みかんの皮で蜜柑味噌を作りましたが、
今回は嗜好を変えてスイーツ系のリメイクです。

蜜柑味噌のレシピはこちら。

苦味好きにはたまらないほろ苦いジャムです。

パンやヨーグルトにつけて食べるのも美味しいですが、
これはジャムオンリーで食べても十分ご馳走です。

八朔は見た目の体積に対して皮の比率が高いですし、
バナナやリンゴと比べると少し値段が張るので
せっかくなら皮まで食べ尽くして元を取りたい
というケチ心から生まれたレシピなのですが、
相方共々「なんだこの美味しい食べ物は」
と感動したぐらい、個人的には大当たりでした。

材料は八朔の皮、はちみつ、水だけのシンプルさで
お砂糖やレモン汁は使いません。
少しコツは要りますが、作り方も簡単なので
参考になる部分があれば幸いです。

それではレシピをば。

材料・作り方

八朔マーマレード(砂糖不使用)
Print Recipe
分量 下準備
約150 g 5
調理 所用時間
15 20
分量 下準備
約150 g 5
調理 所用時間
15 20
八朔マーマレード(砂糖不使用)
Print Recipe
分量 下準備
約150 g 5
調理 所用時間
15 20
分量 下準備
約150 g 5
調理 所用時間
15 20
材料
分量: g
作り方
  1. 鍋に材料を全て入れて火にかける
  2. 水分が飛ぶまでヘラでひたすらかき混ぜながら煮詰め、はちみつ程度に粘度を帯びたら火を止めて完成。 保存する場合は煮沸消毒した瓶に詰め替える。
レシピのメモ

八朔の皮はできるだけ薄切りすることが綺麗に作るコツです。分厚く切ってしまうと上手く煮えず苦味やえぐみが残ります。

熱が上がるとどんどん吹き上がってきますので、ひたすら混ぜつつ、火から遠ざけつつ温度を調整しながら吹きこぼれないよう注意してください。

吹きこぼし防止と、焦げ付き防止に常にヘラで根気強く混ぜるのがコツです。

雑談 -よく買う果物-

1人暮らしの時に常備していた果物は
・デーツ (1〜3kg単位で常備)
・ブルーベリー (2kgの袋で買って常備)
この2つは毎日食べていて、今も常備されています。

常備というほどではないけど、よく購入していたのは
・バナナ
・りんご
・ぶどう
・オレンジ
・グレープフルーツ
・パイナップル
・はっさく
・柿
・梨
…などなど。

こうして羅列すると結構食べていたんだなと思います。
生の果物が好きなので週に3〜4個は食べていたと思います。

上記にみかんが無いのは、1人で食べるには1袋が多かったからです。
温州みかんも、もしバラで売られていたら買っていたと思います。

そんなわけで、みかんを買う機会はほとんどありませんでしたが、
八朔は旬が訪れると毎日のように買って帰っていました。
今年買った八朔は割とジューシーで甘かったですが、
個人的には水分控えめ、苦味強めのサックサクのやつが好きです。

何が言いたいのか迷子になりましたが、
生の果物が好きだ。そして八朔が大好きだ。
というお話でした。

いかがでしたか

お菓子作りやヨーグルトに入れるのはもちろん、
紅茶に添えたり、サラダに入れたり、お肉と一緒に煮込んだり、
かなり汎用性が高い調味料になります。

八朔は「詐欺か」と突っ込みたくなるぐらい皮が分厚いんで
捨てずに全部まるごと美味しくいただきましょう。

あわせてどうぞ

八朔マーマレードを活用したレシピをまとめました。
デザート・スイーツだけでなく、サラダやおかずにも使える
汎用性の高い調味料なので是非ご参考ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ぽちっと応援していただけると大変励みになります!



おすすめ記事